デジタルネットワークで変貌する業界未来地図 - 三菱総合研究所電子情報産業チーム

デジタルネットワークで変貌する業界未来地図 三菱総合研究所電子情報産業チーム

Add: ticoj85 - Date: 2020-12-09 01:23:06 - Views: 853 - Clicks: 9113

0は、工場の制御をIT側に支配されることを防ぐため、工場内の機器を繋いで柔軟な生産を可能にし、マスカスタマイゼーションという新たな付加価値を製造業が提供する構図を作ろうとするものであり(図132-14)、インダストリアル・インターネットは、製造者が製造物の稼働データをいち早く取得し、自らサービスの提供に乗り出すことで付加価値の移行を防ぐ動きであるとも捉えられる。 資料:経済産業省作成. 「会社概要」ページです。 - インターネットのサービスを総合的に展開する、GMOインターネットグループの企業情報です。トップメッセージをはじめ、事業内容や主要グループ会社、グループ概略などを掲載しています。. 製造業におけるIT利活用の状況と新たな展開についてこれまでみてきたが、そもそも、今注目されているIoTによって製造業がどう変わろうとしているのだろうか。 ドイツでは、年、「インダストリー4. 三菱総合研究所電子情報産業チーム 略歴 1982年東京大学理学部情報科学科卒. ICTはITに替わる言葉として、行政機関や公共事業などで用いられるようになってきています。国際的にはITよりもICTが普及していることから、日本でも世界基準に合わせるためです。総務省で発行している「IT政策大綱」も、年から名称を「ICT政策大綱」に変更しています。 政府や行政機関でも、公共事業や地域活性化など各分野でICTを活用するためのさまざまな計画が立てられています。ここでは、総務省の取り組みをご紹介します。.

未来は読めなくても、対応することはできます。 戦略策定から実行・実現まで各領域における卓越した経験と専門知識を備えたコンサルタントが、クライアントの成長・成功を総合的に支援します。. 0」である。ドイツは我が国同様、少子高齢化による労働人口の減少や原発の停止等に起因する国内立地環境の悪化に伴い、GDPの約25%、輸出額の約60%を占める製造業の存在感が低下しつつあること、さらにはアジア地域への製造拠点流出の懸念が高まったことなどを背景として、年に公表した”High-Tech Strategy Action Plan(ハイテク戦略)”における11プロジェクトの1つを具体化させ、年11月にドイツ製造業の競争力強化・空洞化防止のための構想であるインダストリー4. IoTによって製造業が大きく変化し、競争のルールが変わるという状況認識の下、政府では、年1月29日に決定した「成長戦略進化のための今後の検討方針」の中に「ビッグデータ・人工知能・IoT等による産業構造の変革」を位置づけた。また、同1月23日には、第6回ロボット革命実現会議において「ロボット新戦略(5ヶ年計画)」を取りまとめた。この中で、世界一のロボット大国である我が国が、IoT時代のロボット(ITと融合し、ビッグデータ、ネットワーク、人工知能を使いこなせるロボット)で世界をリードすることを1つの柱として盛り込み、世界に先駆けてロボット革命を実現していくことを打ち出した。5月15日には、ロボット革命実現会議の成果を踏まえ、現場における革命実現のための推進母体として「ロボット革命イニシアティブ協議会」を創設した。日本機械工業連合会(会長:岡村正 東芝相談役)を中心とし、産学官を分厚く巻き込みつつ、産業競争力会議や総合科学技術・イノベーション会議等におけるAIやIoTの議論とも連携し、ロボットに関するニーズとシーズのマッチング、ベストプラクティスの共有や普及、国際標準対応、データセキュリティ等様々な切り口でIoT時代におけるロボット革命を推進する。このような場を通じて、IoT社会における日本の製造業の方向性について、産業界と一体となって検討を行っていく。 なお、ロボット革命にあたっては、ロボットの概念も変えていくとしている。従来、ロボットとは、センサー、知能・制御系、駆動系の3要素を備えた機械であると捉えられてきたが、デジタル化の進展やクラウド等のネットワーク基盤の充実、そしてAIの進歩を背景に、固有の駆動系を持たなくても、独立した知能・制御系が現実世界の様々なモノやヒトにアクセスし駆動させるという構造が生まれてきている。今後さらにIoTの世界が進化し、アクチュエーター等駆動系デバイスの標準化が進めば、知能・制御系のみによって、社会の様々な場面で多様なロボット機能が提供できるようになる可能性もある。そうなれば、3要素のすべてを兼ね備えた機械のみをロボットと定義することでは実態を捉えきれなくなる可能性もあり、次世代のロボットを構想する上では、そのような広がりのある将来像も念頭に置く必要がある。.

See full list on hnavi. みずほ総合研究所株式会社 人材育成事業部(みずほセミナー担当) 〒東京都千代田区内幸町 1-2-(737)1(737)219 このマークは、ウェブサイトを安心して ご利用いただける安全の証です。. kddi総合研究所は、国内外の業界最新動向、マーケット、制度政策など幅広い領域の調査研究と、世界トップレベルの情報通信技術の研究開発などを行っています。未来予測や次世代技術の創出を通じ、豊かな未来への挑戦に取り組ん.

アクセンチュア ビジネス コンサルティング本部は、企業戦略や、各業界のエキスパート、企業部門担当者、BIエキスパート、デザイナー、データサイエンティストなどの専門家たちと共に、お客様独自の変革の道筋を、End to Endで支援しています。. 7 図書 デジタルネットワークで変貌する業界未来地図 : 21世紀に躍進する産業を徹底シミュレーション 三菱総合研究所電子・情報産業チーム 著 経済界. 日銀は5日から本館の一般見学を部分的に再開する。年10月から免震工事に伴い見学を中止していた。 見学コースは本館の中庭、旧館の一部. 電子技術総合研究所入所以来, 現職に至るまで一貫して並列計算や分散計算などの情報システム高性能化に関する. 第416回 necに22年ぶり文系出身社長誕生、異例と考えられる背景は? necは、年4月1日付で、森田隆之副社長兼cfoが、代表. 米国におけるIoT活用の動きとしては、インダストリアル・インターネットが挙げられる。GEが提唱するこの概念は、航空機エンジンや鉄道、医療機器や発電機器などの産業機器の稼働や部品の状態などをセンサーから取得し、ビッグデータ解析を行うことによって運用のコスト削減、効率化、最適化などにつなげようとするものである(図132-12)。例えば航空機エンジン分野では、エンジンに組み込まれたセンサーが稼働時のデータを収集・分析し、交換が必要になりそうな部品とその時期を保守要員に知らせる「予知保全」を可能とする。これによって、航空会社のオペレーターは、サイクル数に基づく現在の保守スケジュールから、実際のニーズに基づく保守スケジュールに切り替えることが可能となるだけでなく、部品の在庫を減らして航空機の使用率を上げ、コストを削減することができる。また、GEは飛行データの解析によって、効率的な航空機のフライト方法を導き出し、航空会社に提案することも可能となる。アリタリア航空(イタリア)では、年間1,500万ドルの燃料コスト削減を実現したという。 また、GEなど米国企業5社(AT&T、GE、IBM、インテ. 年12月03日 16時30分.

こんにちは、ワンキャリ編集部です。 ワンキャリ編集部が総力を挙げて紹介する 【最新版:業界研究】 。今回取り上げるのは、多くの就活生からホワイト企業と考えられている電機メーカーです。 テレビや冷蔵庫など、消費者に身近な商材を取り扱っている電機メーカーの中で代表的な4社. 0にも共通する概念であるが、IMSセンターは、NSF(National Science Foundation)を通じて政府からの支援を受けつつ、このような概念の製造業への導入をドイツに先駆けて提唱し、先行的な取組を行ってきた。 その代表的なアプリケーションが予知保全であるが、IMSセンターは、予知保全を行うための基盤となるアルゴリズムとして”Watchdog Agent”を開発し、世界で80社以上にも及ぶパートナー企業に提供している。前述のインダストリアル・インターネットもここにルーツがあると言う. 0」という名称を掲げ、製造業のデジタル化により製造業のパラダイムシフトを起こすという目標のもとに、国を挙げて「スマート工場」の推進をはじめている。また、米国でもGEを中心として、モノとデータが融合する「インダストリアル・インターネット(産業のインターネット)」といったアプローチがすすめられている。このような動きは、センサー技術やバッテリー技術の高度化によってあらゆるものにセンサーを張り巡らすことが可能となり大量のデータが集められるようになったこと、そして大量のデータを処理するプロセッサの小型化、高速化がおこり、また、センサーから得られるデータの送受信が大容量通信やwifi等無線通信技術の普及によりネットワーク化され、それらを蓄積し集計するクラウドが普及したという技術的な進展を背景として進んできた。 IoTとは、すべてのものがインターネットでつながるという概念であり、製造業においては製造物も製造ライン上の製造機械など、ハードウェア一つ一つの現在の状況がほぼリアルタイムで把握できるようになる。また、個別の工場内での生産工程の状況、さらには受注や在庫、物流といったサプライチェーンの状況全体が一度に把握できるようになる。これらの情報を分析することにより、サプライチェーンや生産工程内のどこに無駄があり、どこを改善すればよいのかといった現状分析と課題解決方法の発見、さらには将来のトレンド予測さえできるようになる。その結果、これまで現場での「カイゼン」を通じて生産効率を上げ、競争力を磨いてきた我が国の製造モデルとは異なり、市場調査、製品設計、製造販売、アフターサービスといったバリューチェーンの中で、製品データや製造プロセスデータの解析を通じて付加価値を獲得する新たな製造モデルが生み出されつつある。その中で、生産工程を含めた企業活動全体をすべて再考し刷新する必要性が生じてきていると言っても過言ではない。 従来の製造業では、IT化が進んでいるといっても、現場のデータは現場の改善に使われるほか、必要と考えられる一部の情報が経営層へ届くというやり取りに過ぎなかった。それが、IoTの進展に. 米国には、もう1つ注目すべき動きがある。オハイオ州シンシナティ大学に設置されているIMS(Intelligent Maintenance System)センターの取組である。第2節でも触れたように、米国は国内製造業の競争力強化を図るための施策を継続的に実施してきているが、同国は年のAMP(Advanced Manufacturing Partnership; 先進製造パートナーシップ)において既に、サイバーフィジカルシステムの概念を打ち出している。これはドイツのインダストリー4. 近年、IoT(Internet of Things)やビッグデータといった言葉が注目を集めることに代表されるように、情報技術の発達は私達の生活を大きく変えつつある。身近な事例としては、例えばスマートフォンと同期させたウェアラブル端末で健康管理を行うなど枚挙にいとまがないが、同様に製造業も、情報技術の発達に伴って大きく変容しつつある。例えば年版ものづくり白書で述べられているような、3Dプリンタを活用したデジタルものづくりの出現によって「ユーザーとメイカーが同一化する時代の到来」はその1つといえる。また、センサー技術やコンピューティング能力の発達により、あらゆるものにセンサーを張り巡らせて膨大な量のデータを取得し、それをリアルタイムで解析することが可能となりつつある。データを収集し、解析・処理するサイクルによって付加価値が次々に生み出され、あらゆる分野で競争領域が変化している。同時に産業の垣根を越えた新サービスが次々と広がるといったように、製造業はデジタル化の波の到来とともに大きな転機を迎えているのである(図131-1)。本節では、このような製造業のデジタル化によるものづくりのあり方やビジネスモデルがどのように変化しているのかを明らかにしつつ、我が国製造業の現状と今後の方向性について述べる。 資料:経済産業省作成. ICTは「Information and Communication Technology(情報通信技術)」の略で、通信技術を活用したコミュニケーションを指します。情報処理だけではなく、インターネットのような通信技術を利用した産業やサービスなどの総称です。 ICTは、ITに「Communication(通信、伝達)」という言葉が入っており、ITよりも通信によるコミュニケーションの重要性を強調しています。単なる情報処理にとどまらず、ネットワーク通信を利用した情報や知識の共有を重要視しています。スマートフォンやIoTが普及し、さまざまなものがネットワークにつながって手軽に情報の伝達、共有が行える環境ならではの概念です。. 製品・サービスを、ユーザー事例やキーパーソンインタビュー、セミナー、イベントから紹介する、日経BPのSpecial. (令和元)年11月更新 Update,November,.

大阪府は、「あいりん総合センター」(大阪市西成区)の解体撤去工事を年度末から始める。跡地に延べ約9000平方㍍の新労働施設を建設する予定で、21年度は基本設計を策定する。25年度の供用開始を目指している。 【あい. 1984年筑波大学大学院理工学研究科修士課程, 年東京大学大学院博士課程修了, 博士 デジタルネットワークで変貌する業界未来地図 - 三菱総合研究所電子情報産業チーム (情報理工学). 近年開発されるシステムの多くが、高機能、大規模となり、また複数のシステムがつながることにより複雑化している。このようなシステムの大規模化、複雑化は、開発段階において、システムの全体像を把握することが困難となりシステム全体での不整合が生じる、テスト工程に入って大きな問題が明らかになり意図しない手戻りが発生するといった課題を生じさせている。しかしながら、従来のハードウェアを起点とした局所最適型のものづくりの手法では、このような課題への対応が困難との声もある。このような中、システムの全体最適を実現するためトップダウンで開発を進める設計開発手法であるモデルベース開発(Model-Based Design, MBD)の活用が進展している。また、特に複数のシステムがつながった複雑なシステム全体のモデル化による設計開発手法をモデルベースシステムズエンジニアリング(Model-Based Systems Engineering, MBSE)と呼ぶ。モデルベースシステムズエンジニアリングでは、最初にシステム全体の構想を設計した後、システムを構成する部品等(サブシステム)に機能を割り当て、他のサブシステムとのインターフェースを明確にしながら分解し、その後各サブシステム単位で開発作業を進める。その際、製品の設計における要求、振る舞い、構造等を図式(モデル)で表現し、実機によるテスト工程を待たずにモデルを用いて検証、妥当性確認を行うことで、開発の効率化、リードタイムの大幅な短縮、高度化する性能・品質の向上を極めて高いレベルで実現することを可能とする(図131-24)。 図131–24 モデルベース開発のイメージ図 資料:経済産業省作成 例えば、自動車分野においては、自動車という商品の高機能化(電子制御、安全運転支援システム、快適性のさらなる追求、ネットワーク化等)、パワートレイン方式の多様化(従来車(ガソリン、ディーゼル)、ハイブリッド自動車、電気自動車、燃料電池自動車等)等により設計開発業務が複雑化する一方、顧客の多様なニーズに応えるため、製品の開発サイクルは短縮化する傾向にある。このような状況に対応するため、モデルベースシステムズエンジニアリングがパワートレインの開発を中心に進展しつつある。モデルベースシステムズエンジニアリングの活用は、実機が完成する前の設計プロセスにおいてバー. dnp 大日本印刷は、書籍や包装材など従来印刷物、フォトマスクなど印刷応用製品、電子デバイス、デジタル情報などを創造. 「日本農業新聞」は日本で唯一の日刊農業専門紙を発行する株式会社日本農業新聞の公式Webサイトです。日本農業新聞の当日付のニュース記事を.

【試し読み無料】【第1特集】コロナで加速するmr淘汰 製薬 大リストラ 厳しさ増す製薬業界 mrの受難 part1 苦悩するmr コロナ禍で根強い「過剰論」も再燃 止まらないリストラの嵐 「mrにプラスの変化もある」 mr認定センター事務局長 近澤洋平 匿名誌上座談会 激変した営業現場 mrの本音炸裂. 株式会社野村総合研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:此本 臣吾、以下「NRI」) は、年度までのICT(情報通信技術)とメディアに関連する主要5市場(デバイス/ ネットワーク/コンテンツ配信/プラットフォーム/xTech ※1 )を取り上げ、国内市場 および一部の国際市場に. 自動車業界・産業レポート(輸送用機器,バイク関連レポート):経済レポート情報 【注目キーワード】 大阪万博 / スポーツテック / マイクロプラスチック / デジタル化 / グリーンインフラ / ゲノム編集. 株式会社三菱総合研究所 主席研究員 「競争市場下における顧客ロイヤリティ戦略~金融サービス業の実証研究」 /4: 嶋 正和氏: ロジスティック株式会社 代表取締役社長 「物流を変えることで営業利益率を1%上乗せする秘策」 /3: 首藤 明敏氏. 0を提示した(図132-1)。これは「第四次産業革命」とも称されるが(図132-2)、その特徴は「サイバーフィジカルシステム」(後述)をベースとした製造業の高度化であり、ものづくりの拠点としてのドイツの未来を確実なものにするために、産業界と学界が一緒になってその構想を練ったところに始まる。そして、産官学共同で共通の重要領域を定め、アクションプランを提示したのである。 また. 2)となり、URLが以下のとおり、「 https:」に変更となりました。. See full list on meti. 我が国製造業におけるIT・データの利活用は、諸外国に比べて決して進んでいるとは言えない。例えば、ビジネスにおけるビッグデータの活用状況を日米で比較したアンケート調査によれば、米国企業は90%以上がビッグデータを「利用している」と回答した一方、日本企業は70%以上が「聞いたことがない、よく知らない」「検討したが、利用していない」と回答している(図131-2)。また、イノベーションにデータを活用している企業の割合は、我が国では20%程度に止まるが、これは世界の主要国の水準と比べて非常に低い(図131-3)。 また、IT予算を増額する企業における増額予算の用途を日米で比較すると、我が国では業務効率化やコスト削減といった「守りのIT投資」が多数を占めるのに対し、米国では製品やサービスの開発強化といった「攻めのIT投資」が多いという調査も存在する(図131-4)。また、そもそも我が国のIT技術者は100万人程度であり、これは米国の3分の1、中国と比べても2分の1の水準に止まる上(図131-5)、我が国ではその多くがIT企業に在籍し、多くがITのユーザー側企業に在籍する米国とは対照的である(図131-6)こともその要因と考えられる。 IT・データの利活用がビジネスにおいて特に重視される理由は、それらが企業収益にもたらすインパクトである。企業収益のうち、データ活用による収益効果のみを切り出して定量的に示すことは困難であるが、一方で競合他社と比較してデータ活用を積極的に行う企業に好業績の企業が少なくないことも確かである(図131-7、図131-8、図131-9)。 ビジネスアナリティクスの専門家である米バブソン大学のトーマス・ダベンポート教授は、企業のデータ活用の状況について、そのレベルに応じて以下のような5段階のモデルを提唱している(図131-10)。 図131-10 分析力の発展過程 出所:トーマス・H・ダベンポート、ジェーン・G・ハリス「分析力を武器とする企業」日経BP社 ビジネスへのデータ分析の活用に関心を持つ日本企業を対象にしたアンケート調査によれば、年において、ステージ3以上の企業は全体の約35%となっている(図131-11)。年に実施した同様の調査においてステージ3以上の企業が約20%であったこと(図131-12)と比較すれば、我が国企業のデータ.

インターネットが普及したと言っても、これまではWebサイトを見たり、メールやメッセージサービスを使ったりするだけのライトユーザーが多数でした。 しかし、ICTの活用が広まるにつれて、そうした状況は変わりつつあります。 これまでのように情報を受け取るだけでなく、誰もが情報を発信し、積極的にインターネットを活用していくことになるでしょう。 そのためにはユーザーの側もICTやインターネット、セキュリティについてもある程度の知識を持つことが求められています。. 田中貴金属工業(東京都千代田区、田苗明社長、03・6311・5511)は7日、人の血中からジカウイルス(ZIKV)を検出する試薬を業界で初めて開発した. ネットワーク&アウトソーシング事業本部(aosセンター aos管理課、aos運用課を除く) 情報流通基盤サービス事業本部 マネジメントオフィス 北陸産業事業本部 アウトソーシングサービス部 コンストラクションサービス課. ナガセケムテックス株式会社および長瀬産業株式会社と、三菱電機株式会社の3社は、三菱電機が保有する、空気の膜で粉じんやほこり、汚れなどの付着を抑えるコーティング技術「スマートエアコーティング ® 」を活用した、新しい防じんコーティング剤(塗料)の共同開発に合意しました。.

Strategy through Execution. このような、IoTやAI等の技術革新によって、これまでは実現できなかったデジタルデータの収集、蓄積、解析、解析結果の実世界へのフィードバックが社会規模で可能となり、このような実社会とサイバー空間との相互連関(サイバーフィジカルシステム(CPS))が広がりつつあるといった動きは、製造業のみならずあらゆる産業分野で起こるものと考えられる。また、データを核とした新たなビジネスモデルの創出は、産業の垣根を越えて展開され、他産業が製造業に大きな影響を与えるなど、産業構造の大きな変革も見込まれる。 このように、データがますます重要な価値を持つデータ駆動型社会において、政府や企業に求められる取組の方向性について、経済産業省では、産業構造審議会 商務流通情報分科会 情報経済小委員会で年12月から検討を行った。年4月に中間とりまとめを行い、CPSに対応していない制度の見直しや、製造業をはじめとした新たな産業モデルの創出促進、分野横断的なルール策定や企業間連携等の中核となる「CPS推進協議会(仮称)」の創設、セキュリティ、技術、人材の基盤整備等により、世界に先駆けてデータ駆動型社会を実現することを打ち出した。 製造業の今後を検討するにあたっても、製造業の内部のみで閉じることなく、このような業種横断的な場も活用し、業種間連携も模索しながら進めていくことが重要である。 図133-9 横断的取組(情報経済小委員会中間取りまとめ概要) 資料:経済産業省作成 図133-10 分野別取組(情報経済小委員会中間取りまとめ概要) 資料:経済産業省作成 .

デジタルネットワークで変貌する業界未来地図 - 三菱総合研究所電子情報産業チーム

email: omezafuz@gmail.com - phone:(821) 935-6291 x 3232

活用労働統計 2018 - 日本生産性本部 - 鉢花作り

-> 〇×答練 徹底攻略問題集 2014 月刊社労士受験別冊 - 古川飛祐
-> 解剖生理学 - 椙江勇

デジタルネットワークで変貌する業界未来地図 - 三菱総合研究所電子情報産業チーム - やせたい人は食べなさい 鈴木その子


Sitemap 1

いないいないばあっ! はじめての シールえほん ぺたぺた うーたん - 講談社 - 田上順次 保存修復学